忍者ブログ
AdminWriteComment
カンサット KIT CANSAT PROJECTの日々の様子を載せています
No.
2017/12/19 (Tue) 03:41:54

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.37
2009/02/28 (Sat) 13:46:12

 今朝9:00から種子島ロケットコンテストへ向けての回路作成を行った。
みんなの都合により、西村君との二人での作業となった。

DCF_0054.jpgいつものように露光をして作業を行ったが・・・







エッチング溶液に浸けてもなかなか溶けない・・・
色々原因を考察した結果、感光基板の使い方に無駄が多く銅の溶解が多くなっているためエッチング液の交換が必要だという結論に至った。

そして・・・
事件は起こってしまった・・・


 ジェット噴流装置に入れていたセラミックヒーターの電源を抜き忘れていたためセラッミクヒータが破損
要するに熱を伝えるセラミックの部分が割れました・・・

この対策としてセラッミヒーターに電源ON, OFFのスイッチがないためスイッチ尽きのタップを購入して空炊きのようなことはしない。
さらに、感光基板による回路作成は一人では行わない。この二つが上げられると思います。以後注意するようにお願いします。セラミックヒーターは買い替えが必要です。

結局バットにエッチング液を入れて、サーもヒータを使って手ですることに・・・
その結果が下のやつ
DCF_0055.jpg







もっと綺麗な写真は西村君がupしてくれると思います。
さて、左が今回作ったもので、右は二日前に作ったもの。右のほうは銅が所々剥がれてしまっていてノイズが問題になりそうな回路です。ハンダで補修しているが動作の安定性は不明

今後小規模の回路であれば、ジェット噴流装置を使わないでするのがいいかも・・・
成功したポイントは西村君お願い


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[44]  [43]  [42]  [40]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[05/12 Eekfdqhq]
[05/11 Bmtywaww]
[05/11 Rmqraxkc]
[05/10 Avery]
[05/09 Nathaniel]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Tetsunori Nagata
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]